aboutus

商品紹介

「ジャーキー(干し肉)」はどれも同じだと思っていませんか?

【生ジャーキー開発秘話】
 地元都城の養豚農家さんから受けた相談をヒントに、ドイツのハムソーセージコンテスト受賞経験のある開発スタッフが彼らを応援するために開発を始めました。「今までにないしっとり感」「抑え目の塩分で素材の味が楽しめる味わい」の品質を目指しました。塩の力で脱水を行う生ハムはどうしても強めの塩味になってしまうのに対し、乾燥させる生ジャーキーは塩味を抑えた製法です。
塩分や肉厚、しっとり感については宮崎市内の人気ワインバーのオーナーソムリエの高橋さんのアドバイスを頂きながら「ワインと一緒に食べてもずっと旨みが継続する」品質になるよう最終調整し、20種類の試作品の中から3種類のフレーバーを選び商品化。神楽で有名な西都市銀鏡(しろみ)地区のあるかぐらの里とのコラボで取り組んだ「柚子こしょう&白ワインタイプ」は、著名な審査員が選出する食材コンテスト「料理の王国100選2015」へ入選を果たしました。
現在では、数件の個人農家さんの豚肉を使ったポークジャーキーの委託製造を行う一方、栗山ノーサンが販売する「おさつポーク」を素材に使った商品製造し。BAR、レストラン、ワインショップ向けに販売・ご紹介しています。

料理王国100選

高橋オーナーソムリエ



撮影協力:wine bar HaNa (ワインバー ハナ)

 高橋オーナソムリエ

【wine bar HaNa (ワインバー ハナ)】
宮崎県宮崎市 中央通7−30
TEL:0985-38-8787